シフトスイッチ/パドルシフト/バックフォグ ラインナップ

 「簡単」という言葉は主観的なもので、その方の経験や価値観に左右されます。、 下記の説明で「簡単ではない」と思われた方は、ご容赦ください。


VPSのパーツ供給第2弾 (予定)

VPS for コペンローブ(LA400K)、J-modeさんディフューザー用、バックフォグユニット
あなたは、 人目の訪問者です(2015.5.23よりココのカウンタ設置)

  1. J-modeさんディフューザー用、バックフォグユニットをDIYで作って付けてみました。 このディフューザー、気にいっているのですが、真ん中の穴が、アミなので毎回見るたび(かつてF1好きの私にとっては) バックフォグつけてみ〜。と誘われている気がしてました。
  2.  J-modeさんはコチラをクリック。 
  3.  能書きが長い(3種類位作ってみたのですが)のもイカンので、ますは、最終形。
    有難いことに、数件問い合わせがありましたので、パッケージにしてみました


  4. こんな感じです。

    点灯スイッチは、センターコンソールにある唯一の、空きポートを利用。


    元の説明にモドル。
  5.  このディヒューザーは元のバンパーに被せるタイプなので、LEDとその基板、駆動回路を入れるスペースが奥行方向にほとんどありません。
  6. 一番狭いところは5mm位。
     当初、砲弾型のLEDで試作したのですが、これでは収まらないことが、取付時に発覚。
  7. という訳で、LEDをチップLEDとして、基板に表面実装して、薄く作ってみました。


  8. 元の金網との比較1

    元の金網との比較2


    車に仮組してみました。こんな感じ



  9. 点滅の動画はコチラ 
  10. 撮り忘れましたが当然、点灯しっぱなしも別に配線があり可能です。

  11. 以下、Verを一つ上げ、防水(アクリル(25%スモーク)とアルミ基板で挟んでシーリング)加工をして、 電気回路を新たに設計(流用できるものは流用)作製しました。
    クリアランスの確保のため、アクリルの部分がスッポリ、ディヒューザーの穴に入ります。

  12. 点滅の間隔ならびに、Duty比(OnとOffの比)を可変できる様子を示す動画  


  13. 防水テストの動画、水没後6時間12分以上、耐えてます。  

  14. 電気的には、電源側の最上流にヒューズ & LED3個に一個、定電流ダイオード(20mA)を入れてあるので、 想定外の事象で万が一不具合;素子、回路が(熱)暴走しても2重に保護し、問題が生じないようにしてあります。

  15. 公道で火を灯す前に、いろいろ調べて/聞いて、法規と皆様のご迷惑(よく眩しい、迷惑のクレームをみかけます)にならないように、気を付けねば・・・。

  16. バックフォグの、法的な対応については種々話がありますが、この方の記載がが適切な気がします。
    コレが正しい解釈とすれば、(a)点滅、ストップランプ連動のバックフォグは公道では法的に×です。しかし、(b)フォグと連動で常時点灯は○と思われます。
     国土交通省の法規は非常に解釈が難解 [第37条の2 後部霧灯、 細目(51 、129 、207)、 適用整理(38)、 細目告示別添 (52)] なため、未だに統一した見解や判断がないようにも思えますが、 (a)、(b)を切替られるものが、理想と考えています。


  17. 折角(回路作製したり、表面実装の検討をした)なので、箱も用意しました。

  18. もっと、ストップランプっぽいもの(=消灯時は赤い反射板) &もっと明るく(公道じゃなくて、サーキット仕様が欲しい)
     とのご要望があり、Ver2を作製しました。
    CopenRobe(LA400K) Back fog (2) 、サーキット仕様。
    Mode1(スイッチ下側): 通常で点滅で ブレーキ時、点灯。
    Mode2(スイッチ上側): 通常で無点灯で ブレーキ時、点滅。
    OFF (スイッチ真ん中)
    上の動画[番号8.]のように、点滅の間隔はボリュームが回路中にあり、任意に調整可能です。


  19. 文書で説明するより、コノ動画の方が分かり易いです(約40秒)

  20.  取付が面倒? と思われるかも知れませんが配線は3本。
    1本は ACC(アクセサリー電源)
    1本は GND (車のボディアース)
    最後の1本は、ブレーキのLEDの根本(上流、下図のピンク(配線の色は「空色」)のどこか)に分岐タップで取ればOKです
    昔のナビがない頃のカーステが付けられば、誰でも簡単に付きますよ〜

  21. 現在のカラーリングを行った(VPSのオリジナル塗装、オレンジ/ブラックツートン)ため、反射板も移動させたい(せめ半分塞ぎたい)のですが、保安部品だけにデリケート。こちらも、よく調べてから対応する予定。
  22. まだ、自分の車につける興味だけで、コレを作ってみましたが、もし気になる方はメールでご連絡ください。m(_ _)m
    最近の部品はよく出来ているので、そんなに難しいモノではありません。DIY時に、部品が小っちゃくて、よく見えないφ(・・)のは困っていますが。
  23. 数件、お問い合わせ やら、ご要望がありました。以下の改良・変更を加えVer.3としました。

    Ver.1 :
    「赤色」チップLED
    LEDの厚さ2.1mm 
    明るさ100〜200mcd (約百mcd)
    カバー、スモークアクリル、約2mm厚み (数値としても暗い、ポジションランプ的な位置づけ)


    Ver.2 :
    「赤色」角型Flux LED
    LEDの厚さ:約6mm
    輝度:10,000mcd (約一万 mcd)←最大値
       駆動電流での明るさは、数千mcd
    カバー 赤クリアー反射板、約4mm厚み
    (LEDが大きいが、その分、かなり明るい)
    LEDユニット総厚:13mm程度。
    スペック的には Ver2は ver1の 数十倍明るいです。



    Ver.3 
    「白色」チップLED  
    LEDの厚さ1.9mm 
    明るさ:1,900mcd (約2千 mcd)←赤のフィルタがかかるので雑にコレの約1/3
    カバー 赤クリアーアクリル反射板、約2mm厚み


  24. Ver.3 左 と ver.1 右、消灯時。中の基板、配線が見えちゃうのですが、私の好みなのでこのまま。
    右の黒い部分は、アクリルのスモークと、取り付けた時、アルミ板の銀色がディヒュザーの穴との僅かな隙間が目立つので 黒に塗ってあります。アクリルは隣の形と同じです。ちょっと、分かり難い写真ですみません。

  25. Ver.3 左 と ver.1 右、点灯時。 Ver.3は、白+赤のカラーフィルタという、方式。

  26. 今回はHPの手抜きをさせていただいて、

    ”みんカラ”の該当箇所に移動
    〜。

  27. 手作りDIYの部品で、納期が現状かかりますが、販売可能です。 メール等でお知らせください。
    (要望数が多い場合は部品作製等、外部に委託し、納期を早めます。)
  28. 詳細な情報


お問い合わせは、下記までご遠慮なくお願いいたします。
  バリアブル パーツ サプライ